顔脱毛をしたいけど、

しわが目立つようになる”っていう噂が恐い…」

と、不安に思っている女性はたくさんいるようです。

 

ムダ毛をスッキリしようと脱毛をしただけなのに、顔の産毛と引き換えに「しわ」を手に入れてしまうだなんて、

まったく嬉しくありませんよね?(^^;)

そこでここでは、「医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛の違いと、しわへの影響」についてご紹介しますね。

 

 

顔の脱毛するとシワができる?

まず、クリニックのレーザー脱毛でも、サロンの光脱毛でも、その顔脱毛が直接の原因で「しわ」ができるということはありませんので、安心して下さい。

 

しかし!

間接的にしわができるのに影響する可能性はあります。

「え?どういうこと?」

と言うと、レーザーや光を肌に照射すると、どのような出力でも熱反射が起こるため、細胞内に含まれている水分はいくらか蒸発してしまいます。

施術後に肌が乾燥しやすくなるというのは、そのためですね。

 

「しわ」の原因は乾燥であることが知られています。

(年齢を重ねるとシワができるのは、老化した皮膚が水分を保てないようになって乾燥するからです。)

 

つまり、脱毛すると、施術後が乾燥するため、シワができやすくなると言えます。

しかし、このことを知っていれば、だつもう施術後しっかりと保湿するようにすれば防げるとも言えます。

脱毛施術直後は、肌が乾燥しないようにたっぷりと保湿ケアをして、肌の乾燥が進行してシワができやすくなってしまうのを防ぐようにしましょう。

 

サロン脱毛vsレーザー脱毛!顔の「しわ」への影響の違いは?

サロン脱毛では光を照射し、クリニックではレーザーを照射しますが、基本的には、同じ原理で脱毛をします。

毛のメラニン色素に、光を集めることで、発熱させて、毛根を破壊するのです。

そして、その脱毛原理によって、シワができることはありません。

よって、サロンでもクリニックでも、「顔脱毛をしたからと言ってシワができる」ということはありませんので安心して下さい。

 

ただし!

ここで、サロンとクリニックを比較すると、施術後の「肌の乾燥レベル」は、サロン脱毛よりも、クリニックの医療レーザー脱毛の方が高いと言えます。

なぜなら、

サロンでの施術には光を照射し、クリニックではレーザーを照射するわけですが、照射出力レベルという点ではレーザーの方がはるかに強くなるため、肌の乾燥度合いも高くなる傾向があるからです。

 

「サロンだから~~」、「クリニックだから~~」という違いではなく、顔にしわができるかどうかは「照射出力の違い」によって異なると考えると良いでしょう。

 

しわになるのが嫌な場合には、照射出力を落として施術することは可能ですが、そうすると今度は脱毛効果が半減してしまうというマイナス作用が起こってしいます。

その辺のバランスは、プロに調整をお任せするにしかないですが、自分の希望をしっかりと伝えることだけでは心がけるようにしましょう!

 

しかし、出力を抑えて肌へのダメージを少なくしつつも、しっかり顔脱毛する方法もあります。

それは、SHR脱毛を選ぶことです。

これら、「痛みが少なく」、「産毛にも脱毛効果の高い」ことでも有名な最新の脱毛方法です。

詳しくはこちらにまとめましたので、参考にどうぞ。

>>「顔の産毛脱毛に効果の高いSHR脱毛とは?オススメの店舗は?」